採用情報はこちら

社会生活技能訓練(SST)

社会生活技能訓練(SST)とは

SSTとは、「ソーシャル・スキルス・トレーニング」の略で社会生活技能訓練ともいい、当院では平成14年1月から導入されています。

SSTでは、他の人に自分の気持ちや思いを伝えたり、相手の言う事に上手く応じる事ができ対人関係が円滑になる事を目的にしています。また、日常生活での問題に上手く対処できない事をメンバーに相談し、メンバー同士で練習し、励ましあい一緒に対処方法を考える機会になっています。

人と話すのが苦手、思った事が上手く言えない、話していてもまとまりがなく相手に思いが伝わらない等、人との付き合い方やコミュニケーションで困っている方の為のグループでの治療方法です。

活動内容

当院では、現在デイケアで1グループ・スーパー救急病棟で2グループ・開放病棟で1グループのSSTを行っています。1グループのメンバーは6~8人、スタッフは3人位です。

セッションは毎週1~2回1時間です。最初にウォーミングアップを行い、次にロールプレイを使って宿題報告をします。良かった所、こうするともっと良くなる所を伝え合い、次回までの宿題をきめます。どのメンバーも目標を持ち、目標達成に向けて宿題を決め取り組んでいます。上手くいく時、いかない時がありますが、根気強くあきらめず、コミュニケーション技術の向上を目指しています。

また近年はモジュール(技能領域別学習パッケージ)も取り入れ、好評価を得ています。

参加方法

人と上手く付き合う方法を学びたい方、大歓迎!です。
各病棟または、デイケアスタッフに相談してください。(治療の一環の為、担当医の許可が必要です。)

見学はいつでもできます。